テラスがあるカンヌのレストラン

パレ・デ・フェスティバルのラウンジバー

レストラン「ル・カフェ・ブラン Le Café Blanc」

2017年3月14日9月9日まで0022H00:レストランでは、19から、2017年5月16日から夜の12時間00〜15時間と00からのランチにオープンしています。

グルマンと洗練された、レストランル・ブランカフェはシェフジョエルシリにより調製イタリアの手作りの料理、地中海風のアクセントを提供しています。

色とボリュームは食べる前に最初の前菜を提供しています。お菓子や料理はEpicureansの幸福のための入力、皿やデザートを兼ね備えています。

+33 4 97 06 95 05lecafeblanc@restaurants-ocre-azur.comで、または電子メールでお電話でのご予約

一品料理&コース料理

暖かい天候のリターンで、カンヌのル・カフェ・ブランのテラスを楽しみます

シェフのジョエル・シリは、イタリアのタッチで地中海の新鮮な、自家製、インスピレーションをもとに料理を発見していただけます。

   メニューをダウンロード   

レストラン、テラス、ベランダ

レストランでは、1950年代の雰囲気を再現。家具調度が当ホテルならではのムードを作ります。ピエール・ポーランの白革の肘掛椅子「リトル・チューリップ」、黒い木の床に白いレースのカーテンがとってもシック。

レストランには明るいベランダもあります。このベランダは、ガラス張りになっていて明るく、一年中利用できます。夏はガラス窓を開け放ちます。

天気の良い時期には、このテラスでお寛ぎください。親しい人たちだけで寛ぎたいお客様のために、ホテル・ル・キャンベラのテラスには、小さなサロンのあるVIPコーナーがございます。テラスからはその下のにあるサウナ&フィットネスルームに直接下りて行けます。

ラウンジバー

1950年代の魅力あるエスプリにこだわりを持つホテル・ル・キャンベラのバーでは、当ホテルならではムードをお楽しみいただけます。広くて親しみやすい雰囲気が、寛ぎや休息、楽しい会話に誘います。

ご友人同士、ご家族あるいは同僚の方と、ピエール・ポーランのデザインによるピンク色の肘掛け椅子に落ち着いてご談笑ください。

調度類は1950年代のデザインで、折り目のあるレースのカーテンはマリリン・モンローのドレスを思わせます。キラキラときらめくスパンコール、幸せな気分、ラウンジらしい雰囲気、これらが全て揃うことで、親しい方々と楽しいひと時を過ごしていただけます。パレ・デ・フェスティバルにお出かけになるまえに、パーティーはここで始まります!

ラウンジバーは24時間営業しています。

朝食

心地よく一日をスタートしていただけるよう、ホテル・ル・キャンベラでは、バランスのよい豊富な品揃えのアメリカンスタイルの朝食ビュッフェを提供いたします。サービスは毎日7:00から10:30まで。お好みに合わせてお召し上がりください。菓子パン類、パン、フルーツコンフィ、新鮮な果物、スモークサーモン、ハム、ソーセージ、チーズ、スクランブルエッグ・・・いろいろ取り揃えてございますので、カンヌの街に観光にお出かけになる前に、ビタミンをたっぷり補給しましょう。

朝食は、お好みやご希望に合わせて、食堂またはお部屋でお召し上がりいただけます。お目覚めから幸福な気分を味わい、お連れの方とのお食事をお楽しみください。